4月となり新年度となりましたがその4月の終わりには中期休暇となるゴールデンウィークがあります。

そのゴールデンウィークのうちに取っておいてほしい資格があります。


それが今回のテーマである、「長期の休暇が取れた時には合宿免許で車の免許を取ろう」になるのです。車の免許を取るにはまず指定自動車教習所というところに行きます。

これは運転免許を取得するために自動車の運転に関する道路交通に関する知識と、それに連動してしっかりと守れるように運転技術を教習させる施設の事を言います。



そして自動車教習所では知識と技術の向上を最短で60時間で修了できるように日程を組んでおり、そのため大半は自宅からもしくは学校及び会社から直接登校するのが一般なのです。
しかしこの4月の様に新しい生活が始まるこの時期に取得を目指すとなると時間がない場合が多いです。

そこで時間がない人でも学校や企業の日程で休暇となっているゴールデンウィークのような中期もしくは長期の休暇があるときに、実技の部分で最短で修了出来るように泊りがけで運転技術の向上を目的としているのが合宿免許なのです。

初めてでもわかりやすい、合宿免許選びであなたの手助けをします。

合宿免許で行う事はまず1日目に模擬運転装置で運転練習と基本的に道路交通の知識の基本から始めます。

そして特に技能の向上を中心にアクセルを踏んで動く車の操縦に慣れていきます。そして2日目の合宿免許はマニュアル車ではギアの入れ替えをしながら運転することを覚え、そしてオートマティック車は基本の曲がり方の練習に入ります。

そして3日目の合宿免許で坂道の練習から死角の多い曲がり角などの練習を行い道路に行く前の講習を修了し公道での練習に入り実技の本試験を受けて合格し合宿免許が終わるのです。
現在の車では特にオートマティック車の比率が多いためにマニュアルでのギアの入れ替えの練習がない分講習も早い段階で終わります。
しかしマニュアル車もまたこれから先にトラックなどの大型免許を取る場合には必要となるのとまだ大半の企業の車にはマニュアルである場合があるので講習は長くなりますがマニュアルの取得は後に大きな財産となります。



合宿免許では先にも言った通りに中期や長期の休みのときに取れるように教習所では様々な特典を用意している施設が多いのでこの時期に取りに行くことをお勧めします。