大学生の頃、自動車免許の取得について考えていて、何げにパンフレットなどを手にとって眺めていた時、通常の教習所に通って免許を取得する方法に対して、合宿免許という免許取得方法があるのを知りました。


合宿免許について色々調べて見ると一般の教習所に通っての免許取得方法に比べて費用が安価であり、特に夏期休暇等を避けて閑散期に合宿免許に参加すると更に費用を節約できることを知りました。



私が自動車免許の取得を思い立ったのは、大学3年生の頃でした。

大学を卒業するために必要な単位は大学3年の前期までにほぼ取得済みでした。
そこで夏期休暇後の秋の季節の良い時期に自動車免許を取得しようと思い立ち、幾つかパンフレットを取り寄せ、またインターネットのサイトなどを使って費用が安く、評判の良い教習所を探しました。

その結果、新潟のとある教習所にて合宿免許を取得することになりました。

私は神戸で大学生時代を過ごしていたのですが、大阪から新潟の合宿場所への交通費は教習所持ちであったので、大阪の梅田まで電車で行き(これだけは自腹となりました)、そこから電車やバスを乗り継いで合宿に参加しました。



合宿免許の教習期間は原則として2週間で、幾つか条件はあったものの、その条件さえクリアできれば交通費も原則実費負担なしとのことでしたので、合宿免許に参加した2週間の間は自動車免許を取得することをメインに考えて日々行動していました。

合宿の行われるホテルが原則相部屋の筈だったのですが、閑散期で人がいなかったのかキャンセルになったのかは分かりませんが、何故か1人で部屋を悠々と使えることができましたので、人に気を使わずのんびりと過ごすことができました。


後は教習所とホテルとを行ったり来たりの2週間で、私の他にも教習生は来ていましたが、あまり親しく会話するようなこともなく、卒業してからも特段連絡等もとってはいません。



しかし一人でのんびりするのが好きな私にとっては悠々と誰にも気兼ねせず毎日を過ごすことができ、2週間の合宿を経て1発で自動車免許を取得することができましたので、毎日の生活を楽しみつつ、目的もしっかり果たすことができていい思い出となりました。