免許証を取る場合にもっとも大きな壁となるのは「面倒くささ」です。

最初のうちは意気揚々と教習所に向かうのですが、だんだん面倒くさくなって行かなくなります。

その点、合宿免許なら大丈夫です。

人里離れた教習所にいきますので、車の練習以外することがありません。

また、多くの合宿免許では運転シミュレーターや筆記試験の模試などをやり放題で、自分の納得がいくまで番協・練習ができます。
ちなみに、合宿免許を受ける人で一番多いのは、高校を卒業したての若者たちです。

血気盛んな人たちが多く、夜、すこし騒がしいかもしれません。

ですが、それも合宿免許の醍醐味といえば醍醐味です。

一緒になって騒いでみるのも一興です。


もちろん、近所迷惑にならないよう、節度は保ってください。



合宿免許は基本的に相部屋となります。一緒に合宿免許を取得する人たちとの共同生活になります。


これもまた、楽しみの一つです。


10才も年の離れた人達との、一時的な共同生活は、なかなか刺激的です。年上の方から仕事のお話や愚痴を聞かされたり、年下の方から、これからの大学生活や社会人生活への夢を聞かせてもらったりと、自分のアンテナや器を広げるチャンスでもあります。

合宿免許を機に、人脈を広げることが可能です。



合宿免許で取れるのは仮免許証までですので、最終的には実家近くの試験場へ行って本試験に望むことになります。

合宿免許についての情報です。

合宿免許で培った知識や経験をフルに活かして、試験に向かいます。

やれるだけのことをやれば、決して難しい試験ではありません。、模試などで8割から9割もとれていればまず落ちることはありません。


あとは落ち着いて、目の前の問題をよく読み、答えの書き方をミスしないように気をつければ大丈夫です。
合格してから、実際に免許を発行してもらうまでがちょっと長いので、少しだけ我慢が必要です。
それがクリアできれば、はれて普通免許を取得できます。

あとは、初心者マークを忘れずに買っておきます。


これで、準備は万端です。